主婦がプロミスで借入するにはどのような方法があるのか

主婦の方は普段から家計についても、いろいろと頭を使わなければいけないと思います。だからこそ、どうしてもあと少し生活費が必要なのに足りない、ということに頭を悩ませた経験もおありでしょう。そのようなときに助けになるのがプロミスなのですが、そこで問題になるのがお申込み条件です。公式サイトの説明を見ると、「年齢20〜69歳のご本人に安定した収入のある方」となっているため、そもそも収入がない専業主婦では借入を行うことが難しいと考えられるからです。

 

専業主婦でもごくわずかな収入があればプロミスからの借入が許されるのか

 

では、専業主婦ではプロミスを利用することは完全に不可能なのでしょうか。たとえば、内職などでわずかながら収入を得ている方もいると思います。しかし、アルバイトなどとくらべても、どうしても金額に大きな開きが出てしまうため、収入が安定しているろは認められない可能性が高いでしょう。ただし、在宅ワークでそれなりの金額を収入にしているのであれば、借入を行える可能性もあるかもしれません。

 

専業主婦のまま借入をするなら夫の同意が必要

このように、基本的にはプロミスで専業主婦が借入を認められることはかなりハードルが高くなっています。そこで、専業主婦の方でどうしても利用したいと考えるのであれば、まずは収入を得ている配偶者に同意を得て、その名義を使って借入をするのが一番の方法となるでしょう。

 

パートやアルバイトなどで収入を稼いでいる人は主婦でも利用できる

主婦でも、パートやアルバイトである程度の収入を得ている方であれば、プロミスの審査を通るのはそれほど難しいことではありません。主婦でプロミスを利用したいと考えるのであれば、そのためにパートやアルバイトで働きはじめるという方法も考えてみる必要があるでしょう。

 

どうして専業主婦だとプロミスからの借入が許されないのか

専業主婦がここまでプロミスを利用しにくくなっているのは、なぜなのでしょうか。収入が安定していることが条件なので、それに当てはまらないというのはもちろんですが、もうひとつの理由に総量規制があります。これは、貸金業法によって消費者金融などに課せられたもので、年収の3分の1を超える金額は融資してはいけないと禁じたルールです。つまり、年収がゼロ円であれば、当然3分の1であってもゼロ円なので、借入をすることは法律的に無理だというわけです。ただし、この総量規制は銀行系のカードローンには課せられないこととなっています。したがって、どうしてもカードローンが利用したいという専業主婦の方は、こちらの銀行系カードローンを利用してみるのもよいかもしれません。

 

銀行系のカードローンなら専業主婦でも利用できるかもしれない

総量規制が課せられない銀行系のカードローンならば、専業主婦であっても利用できる可能性はあります。ただし、このさいにもやはり配偶者の収入は問われることになります。また、審査を受けるには配偶者の同意書も用意しておかなければいけません。さらに、たとえ審査が通ったとしても、利用限度額は普通のカードローンより少なめになってしまいます。利用限度額や利用条件が本当に自分の希望に合うかどうかを、あらかじめチェックしておくようにしましょう。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス