派遣社員やパート・アルバイトなど雇用形態でプロミスの審査に影響はあるのか

派遣社員はプロミスの申込み条件を満たしているのか

現在は正社員として働く以外にもさまざまな雇用形態があり、派遣社員として勤務している方も増えてきました。派遣社員でも仕事内容自体に差があるわけではありませんが、正社員のように長い期間の雇用が保障されているわけではありません。そのため、プロミスを利用するときに安定した収入という条件を満たしているか分からないと思う方もいるのではないでしょうか。そこで、派遣社員がプロミスで借入を行うことができるのか、ここで詳しく見ていきたいと思います。

 

派遣社員だからといってプロミスでの借入を断られることはない

プロミスのお申込み条件は、「年齢20〜69歳のご本人に安定した収入のある方」となっています。したがって、派遣社員の方でもこれに当てはまるのであれば、雇用形態自体がマイナスとなって審査に落とされることはありません。派遣社員で利用を考えている方は、まずは気にせずに申込を行ってみましょう。プロミスは、とにかく収入が安定しているという条件さえクリアしていれば、そのほかの職種や性別といった項目についてはいっさい審査には影響しません。たとえば、女性で派遣社員だからといって、あきらめる必要はまったくないのです。

 

勤務内容によっては審査を通りにくくなるため注意

繰り返しになりますが、プロミスを利用するうえで派遣社員であるということは、まったくマイナスにはなりません。もちろん、それとは別に、実際に利用するためにはかならずプロミスの審査を通る必要があります。このとき、同じ派遣社員であっても、勤務形態によってはそれが理由で審査に通らないこともあります。たとえば、正社員と同じように、一定の勤務先である程度勤務を続けているのであれば、特にそのようなこともありません。しかし、日ごとに勤務先が変わるような派遣社員の場合は、短期の勤務は安定した職業と判断されないこともあるようです。

 

  • パートやアルバイトだからといってプロミスでの借入をあきらめる必要はない
  • パートやアルバイトであっても収入に合わせた借入はできる

 

パートやアルバイトの方は、どうしても正社員にくらべて収入がかなり少なくなってしまいます。そのため、プロミスの利用を考えていても、はじめからあきらめてしまう人もいるようです。ですが、プロミスではパートやアルバイトだからといって借入ができないわけではありません。まずは、申込を行うところからはじめてみましょう。

 

ひとつだけ注意をしておかなkればいけないのは、総量規制です。プロミスは消費者金融なので、その制限から年収の3分の1までしか融資をすることはできません。つまり、年収が少ない人は、借入できる金額もかなり少なくなることが考えられるのです。

 

アルバイトの内容も安定していることが重要

パートやアルバイトの方が審査を通るうえで重要になるのは、やはり収入が安定しているかどうか、ということです。たとえば、同じパートやアルバイトであっても、勤務日数があまりなかったり、月によって日数の変化が大きいようなケースでは、不安定だと見られてしまいます。そのことが収入が安定していないと見なされてしまい、プロミスの審査に通りにくくなってしまうのです。

 

アルバイトをいくつかこなしていればすべての収入を合わせて申告できる

プロミスの利用限度額は、基本的に利用者の年収を基準に決められることになります。つまり、同じアルバイトでも、いくつかを同時にこなしている人であれば、それだけ収入も多くなって利用限度額を高く設定することができるのです。ただし、アルバイト先はすべて申告しておかなければいけません。せっかく収入がたくさんあるのであれば、プロミスを利用するさいにはそのことを申告しておかないと、もったいないことになってしまいます。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス